エネマネハウス2017見学

6b44c9e423367b213613b885ce16635d
e3a6367718bb068d8ed8e81ca19c9376

今年のエネマネハウス2017での振り返り。

“エネマネハウス”は、大学と民間企業等の連携により、先進的な技術や新たな住まい方を提案するZEH(ゼッチ)のモデル住宅を実際に建築し、住宅の環境・エネルギー性能の測定・実証や、展示を通じた普及啓発を行うプロジェクトです。これまでに、2014年 東京、2015年 横浜で開催され、今回は大阪駅前・うめきたサザンパークにて、第3回目の開催となりました。

今年のテーマは、“ライフ デザイン イノベーション”~住まい・コミュニティに多様な新しい価値を創造する~。
居住者の多様な価値観・ニーズに対応したライフスタイルの変革やその基盤となる新しい姿をデザインしてもらうことを狙いとしていました。

今回の展示に参加している大学は、京都大学・近畿大学・首都大学東京・武庫川女子大学・早稲田大学・芝浦工業大学の6大学で5種類のZEHモデルハウスが展示されていました。
各大学とも太陽光設置を基本としたZEHの枠組みの中で、改修やリノベをテーマにして幅広く取り組まれ、更に高断熱・高効率の次の段階を踏むことになる蓄熱・DR制御、エアロゲルなどの高機能建材等の活用に大変驚かされました。ちなみに外皮平均熱貫流率(UA値)は、0.34~0.45でした。

学生スタッフの方にお話を伺ってもとても詳しく説明され、熱意が伝わってきました。
次回の開催が決まれば、ぜひ見学したいと考えています。(石松孝浩)