DECOSこんなとき

セルロースファイバー充填断熱の「デコスドライ工法」は、木造の住宅や施設建築の、新築やリフォームにおいてとても良い相性を発揮します。
また、少し工夫をすれば低層鉄骨造の事務所や医療福祉施設にもとても有効な断熱工法となります。
青空 建物 植物
デコスファイバーを使った、断熱欠損を生じない乾式吹込み工法のデコスドライ工法は、新築・リフォーム・集合住宅・施設物件など、他の断熱材同様にさまざまな場面で使うことが出来ます。

採用実績として累計棟数は約33,000棟。
住宅では年間約3,600棟に使われています。
(H28/6月現在)

また、多くの断熱材メーカーが材料供給のみで施工管理まで一貫したシステムを採用していません。
理由は、施工現場まで含めた管理体制の構築に無理があるためと思われます。
専門の施工担当者による責任施工体制をとっている断熱材が、「ウレタンの発泡工法」と「セルロースのブローイング工法」の2つと言われています。

デコスドライ工法では、メーカーであるデコスが材料製造、工法の各種認定取得、施工代理店の構築と施工指導を行い、全国の施工代理店(H29/6月現在74社)が責任施工を行っています。
cb21839fbd9fa3d5e8297a7429381266

⇒住まいをお考えの方へ


850800bb720e7e9c0ab6520212e1258c

⇒施工代理店検索