CFP制度とは?

カーボンフットプリント制度とは?

私たちが購入、消費している商品やサービスは、作る段階から捨てる段階までの間に多くのエネルギーを必要とし、それに伴い二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスを排出します。
「カーボンフットプリント(CFP)」とは、商品・サービスの原材料調達から廃棄・リサイクルに至るまでのライフサイクル全体を通して、どれだけの温室効果ガス※が排出されたかをCO2量に換算して「見える化」し、分かりやすく表示する仕組みです。

「カーボン」とは炭素を意味し、「フットプリント」とは足跡を指しています。
「炭素の足跡」、つまり「商品の一生で各段階に残された炭素の足跡」を示す概念です。
また、CFPマークは、商品・サービスのライフサイクルCO2(原材料調達~生産~流通~使用・維持管理~廃棄・リサイクル)各段階を当該商品・サービス等の単位で算出し、合計した数値を表示します。
カーボンフットプリントHP

※温室効果ガス(GHG:Greenhouse Gas)
ここでいう温室効果ガスは、京都議定書で対象となっている二酸化炭素(CO2),メタン(CH4),亜酸化窒素(N2O),ハイドロフルオロカーボン類(HFCS),パーフルオロカーボン類(PFCS)及び六ふっ化硫黄(SF6)をGHGと定義。

カーボンフットプリント概念図

カーボンフットプリントのねらいと情報公開

カーボンフットプリントに取り組むねらいとして次のような点が挙げられます。
 ● 事業者が商品・サービスの提供における環境負荷を認識することで、環境負荷低減やコス削減につなげることができます。
 ● 消費者が商品の環境性能を認識することで、環境に配慮した購買行動を促すきっかけになります。
   また、
 ● 所定の手続きに基づき第三者検証を受けた商品は、そのカーボンフットプリントについての内容と取組みがWebサイトに掲載されます。

信頼できるCFP算定のために

平成21年度より経済産業省が主管となり、関係省庁(農林水産省・国土交通省・環境省)と「CFP制度試行事業」としてCFPマークを表示する仕組みを運用し、今後は国際規格の制定が予定されています。
この試行事業では、まずCFPマークの表示を希望する業界団体などが、商品・サービスごとに排出量の算出ルール「商品種別算定基準(PCR:Product Category Rule)」を作成し認定を受けます。
その認定PCRに準じてライフサイクルCO2を算出し、CFP検証申請を行ない、第三者による検証審査により承認された場合、商品などにCFPマークを表示出来るようになります。

認定CFP-PCR「建築用断熱材」

わが国のCFP制度では、同一の商品・サービスの場合には共通した計算方法に基づいてCO2排出量を算定することが求められています。
今回の『デコスファイバー』CFP検証申請に先立ち、建築用断熱材業界を代表して日本セルローズファイバー工業会(以下、CF工業会)では、CFP算定ルールとなるCFP-PCR(商品種別算定基準)を策定し、2011年9月20日に「建築用断熱材」として認定を受けました。
2013年8月12日改訂「建築断熱材【第2版】」

認定CFP-PCR「建築用断熱材【第2版】」
認定CFP-PCR「建築用断熱材【第2版】」

「建築用断熱材」ライフサイクルフロー図
「建築用断熱材」ライフサイクルフロー図
[PDF形式(300KB)]

対象となる断熱材種別とJIS(日本工業規格)

認定CFP-PCR「建築用断熱材」では、躯体構造、断熱工法および断熱材種類は問いませんが、要件として品質が確保されたJIS認証品であることが求められます。

断熱材種別
断熱材種別

「建築用断熱材」に関する日本工業規格
「建築用断熱材」に関する日本工業規格