title-8_4

デコスファイバーの原材料の80%は新聞紙で、もともと⽊から出来ています。
そのため、メイン素材である木が持つ特有の吸放湿特性をデコスファイバーも引き継いでいます。
この木質繊維が持つ優れた調湿性により、年間を通じて室内を適度な湿度に保ちます。
特に梅⾬時には、じめじめ感が緩和され、さらっとした湿気のこもらない快適な住空間が期待できます。

壁体内結露を防ぐ断熱工法

調湿性※のあるセルロースファイバーを壁体内に充填することにより、室内の湿度が⾼い時は湿気を吸い、乾燥した時には⽔分を放出する機能をもった断熱材となっています。

※調湿性:吸放湿性。湿気(=⽔蒸気)を吸って、ためて、吐くこと
d1-6-1-e1496111460326
06dfa7a150418d091b5ad177b1a9893c1
その調湿性の⾼さは、他の断熱材より優れたもので、セルロースファイバーが保つことのできる⽔蒸気は、⼀般的な住宅でペットボトル144本分にもおよびます。

壁体内結露20年保証を実現

hoshosho
セルロースファイバーの吸放湿性や、多くの実績や認定技術者による責任施工体制、10年以上経過した物件での検証などを踏まえて、デコスドライ工法では20年という長期の壁体内無結露を保証しています。
デコスドライ⼯法で断熱施⼯を⾏った部位に、万が⼀結露が発⽣し建物に被害が⽣じた場合、第三者機関にて原因調査を⾏います。その上で、結露が製品に起因する場合や原因の特定が困難な場合、無結露20年保証を適⽤し、保証限度額内にて改修⼯事を⾏います。
デコスドライ⼯法無結露20年保証制度は「デコスを選んでいただいたお施主さまに安⼼を約束する証」です。
そして、採⽤いただいた⼯務店・設計事務所、責任施⼯を⾏うデコスドライ⼯法施⼯代理店、製造メーカーであるデコスの3者にはその職能に応じた「役割分担と責任の所在明確化」を図るものです。
また、結露は⾃然現象であり、条件が揃えば発⽣するものです。
「デコスを使えば結露しない」ということではありません。
結露を未然に防ぐ家づくりのために、それぞれが役割に応じて最善を尽くし、正しい知識と経験、ノウハウを活かすことでお客様に安⼼をお届けします。
yakuwari
製品責任
製品に問題があった場合、株式会社デコスが責任を負います。
例)JIS基準に満たない製品を出荷したことなどに起因する事象

設計責任
設計に問題があった場合、⼯務店・設計事務所が責任を負います。
例)内部結露計算で結露判定ありの設計仕様などに起因する事象
例)通気層換気量不⾜(棟換気なし、換気量不⾜など)に起因する事象

施⼯責任
躯体施⼯に問題があった場合、⼯務店が責任を負います。
例)初期型結露=躯体を⾬で濡らしたことなどに起因する事象
例)塗り壁乾燥不⾜などに起因する事象
  断熱施⼯に問題があった場合、デコスドライ⼯法施⼯代理店が責任を負います。
例)断熱⽋損=施⼯密度不⾜で沈降し隙間を⽣じた、断熱材⼊れ忘れなどに起因 する事象

保証対象
・木造物件(新築・既存問わず)

 保証対象外
・住宅瑕疵(雨漏り)
・非木造物件(混構造では非木造部分)
・内部結露計算にて結露判定ありで防湿層の設置が無い物件
・耐力面材なし通気層ありの場合で、通気層つぶれ対策を行っていない物件
・保証書未発行物件 ・窓廻り(デコスドライ工法で施工出来ない部位)
・保証書記載の免責事項適合物件など

なお、無結露20年保証制度適用にはさまざまな条件があります。
詳細につきましては、デコスドライ工法施工代理店へお問合せください。

だからデコス 8つの理由

ページTOPへ