新聞紙から生産される断熱材セルロースファイバー・性能を最大限に引き出すデコスドライ工法の紹介

ネットワーク
  • 日本セルロースファイバー断熱施工協会とは、デコスドライ工法を責任施工し、安心工務店をお客様にご紹介するネットワーク。
    デコスドライ工法の責任者ネットワーク
  • セルロースファイバーを国内で製造するメーカーの団体。
    セルロースファイバー製造メーカーによる団体
  • デコレイト
    デコレイト
    ながいき住宅のレシピ
  • カーボンフットプリント(CFP)認証取得
    CO2の「見える化」
  • 地球の会
    国産材で家づくりを行う全国工務店団体
  • 一般社団法人JBN
    全国工務店協会
  • 健康・省エネ住宅を推進する国民会議
    長期的な視点からの医療費、介護費削減、住宅産業の活性化を目指して
業務提携先
  • 日本ボレイト株式会社
    日本ボレイト株式会社
経済産業省補助事業参加
  • どんぐりポイントプロジェクト
    えらぼう!
    どんぐりポイントプロジェクト
  • COOLCHOICE
    地球温暖化対策のための国民運動「COOL CHOICE( =賢い選択)」

平成29年度 高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業(断熱リノベ)

HOME > 高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業(断熱リノベ)

デコスファイバーは、「高性能建材による住宅断熱リフォーム支援事業(断熱リノベ)」の補助対象製品です。
公募要領(PDF形式)をよくご確認の上、補助金の交付申請をお願いします。
  • デコスファイバーを用いた申請に必要な製品型番情報はこちら[外部サイト]をご覧ください。
    カテゴリー:断熱材を選択。メーカー名:デコスと入力し検索。
    DDCS011CB デコスファイバー 吹込み用セルロースファイバー25K
    DDCS021CB デコスファイバー 吹込み用セルロースファイバー55K

●事業趣旨

環境共創イニシアチブ(SII)が指定する高性能建材の導入を行う者に対して、その費用の一部を補助する。

●事業規模

戸建住宅向け   :一次公募 約2億5000万円
集合住宅(個別)向け:一次公募 約5000万円
集合住宅(全体)向け:一次公募 約20億円
※状況に応じて予算額の増減を行う場合があります。

●補助率及び補助金の上限

補助率:補助対象費用の1/3以内
上限額:戸建住宅 1住戸当たり120万円
    集合住宅 1住戸当たり15万円
※補助対象費用の詳細につきましては公募要領をご確認ください。

●要件

  1. 補助対象製品を用い、「事業要件の詳細」に従った既存住宅の断熱改修を行うこと。
  2. 補助事業に係る建物本体(各部位の解体、仮設足場等を含む)の工事は、補助事業の交付決定通知書に記載する交付決定通知日以降に契約・工事着工すること。
  3. 補助対象製品の性能が損なわれないように、適切に施工されていることが確認できること。(現場吹込み断熱材にあっては、予めSIIに登録されたメーカーが指定する施工会社にて施工し、登録された性能値を確保できること。)
  4. 補助事業実績報告書を提出期限内(事業スケジュール参照)に提出すること。
  5. 1申請あたり100戸以上の集合住宅(全体)の補助事設計又は工事を行う事業者がSIIに登録された断熱リノベ事業者であること。

●改修について(一部抜粋)

① 戸建住宅の改修について
  • 「部位別の補助対象製品の必要な性能値(表1)」及び「エネルギー計算結果早見表(公募要領参照)」の要件を満たすこと。また、天井、外壁、床、及び窓の4部位のうち2部位以上を組み合わせて改修すること。
  • 居間又は主たる居室(就寝を除き日常生活上在室時間が長い居室等)を中心に改修すること。居間又は主たる居室を含まない改修を行う場合は、改修率要件を満たしていても補助対象とならない。
  • 導入する断熱材及び窓は、原則、改修する居室等の外皮部分(外気に接する部分)全てに設置・施工すること。
  • 断熱材及び窓を改修する場合は、原則、外皮部分(外気に接する部分)のみ補助対象とする。真空断熱材等の特殊な材料、工法等を用いて断熱改修をする場合は、交付申請書を提出する前にSIIに相談すること。
② 集合住宅の改修について
  • 「部位別の補助対象製品の必要な性能値(表1)」及び「エネルギー計算結果早見表(公募要領参照)」の要件を満たすこと。
  • 窓全部(玄関ドア以外のガラスを用いた開口部全て)を改修すること。
  • 窓及び断熱材を改修する場合は、原則、外皮部分(外気に接する部分)のみ補助対象とする。真空断熱材等  の特殊な材料、工法等を用いて断熱改修をする場合は、交付申請書を提出する前にSIIに相談する。

例1:デコスファイバーでR値2.2以上を満たす場合、d=0.04×2.2=0.088(m)=88(mm)。
例2:デコスファイバーでR値2.7以上を満たす場合、d=0.04×2.7=0.108(m)=108(mm)。
例3:デコスファイバーでR値5.4以上を満たす場合、d=0.04×5.4=0.216(m)=216(mm)。

●事業スケジュール

  1. 断熱リノベ事業者登録 公募期間 : 平成29年4月18日(火)~平成30年1月15日(月)
    ※1申請あたり100戸の集合住宅(全体)の補助事業を行う事業者のみ断熱リノベ事業者登録必須
  2. 申請期間 一次公募 : 平成29年5月8日(月)~平成29年6月2日(金)
         二次公募 : 平成29年7月中旬~平成29年8月中旬 (予定)
  3. 交付決定 一次公募 : 平成29年7月中旬 (予定)
         二次公募 : 平成29年9月中旬 (予定)

●もっと詳しく知りたい方へ

•高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業ホームページはこちら[外部サイト]をご覧ください。
•申請関係書類の資料はこちら[外部サイト]リンク先の”1.関係書類”をご覧ください。