title-8_71

 2019年7月、株式会社デコスは、建築用断熱材「デコスファイバー」にて断熱材業界で日本で初めて「エコリーフ環境ラベル」宣言取得し情報を公開しました。

 今回デコスが取得した「エコリーフ環境ラベル」は、LCA(ライフサイクルアセスメント)の手法を用いて原料から製品製造、施工までの製品ライフサイクルステージにわたる環境特性を多面的、定量的に評価し開示するもの。策定・認定された「吹込み用セルロースファイバー断熱材」PCR(製品分類別基準)に基づく算定結果に対する外部検証を受け、合格した上でタイプⅢ環境宣言(EPD・ISO14025)として情報開示を行っています。

 今回のエコリーフ環境ラベルでは、CFPの地球温暖化以外に新たに酸性化・富栄養化など多面的な環境負荷を把握し公開しました。

 「エコリーフ環境ラベル」取得建材であれば、建築物の施主や工事業者は、製品の適正な使用・廃棄・リサイクル情報、さらに化学物質の安全性に関する情報など、建材の客観的な環境情報が入手可能となり、グリーン調達のための判断材料とすることが出来ます。

 デコスでは、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向け、バリューチェーン全体での環境負荷低減に取組んでいます。

圧倒的に低い製造エネルギー

1-3-5co2
デコスファイバーが⽣産段階で使⽤するエネルギーは電気のみで、他の断熱材が必要とする熱(溶解・乾燥)、⽔(洗浄・冷却)などは⼀切使⽤しません。 そのため、他の断熱材に⽐べ圧倒的に製造時のエネルギー消費量が少なくなっています。 またさらに、輸送に鉄道貨物を積極的に利⽤するなど輸送時のCO₂も削減しています。
cfp
これらの省CO₂性能を公的に証明するため、経済産業省CFP制度に検証申請を⾏い認証を取得しました。
現在、デコスファイバーは⽇本で最もCO₂排出量の少ない断熱材です(当社調べ)。
製造・輸送時のイニシャル省CO₂性能に優れた断熱材、施⼯後も冷暖房費を抑えるランニング省CO₂性能に優れた断熱材として持続可能な社会に貢献しています。

デコスのCFP・エコリーフの詳細はこちら ≫

CFPからカーボン・オフセットへ

【プレスリリース】くまもと型復興住宅へゼロ・カーボン断熱材を提供「熊本県 県有林オフセット・クレジットを購入活用」
デコスではCFP認証取得後から環境性能の⾼さをPRするため、カーボンマーケティングを推進しています。その⼀環として、第三者認証を得た公的数値を根拠にカーボン・オフセット※を毎年⾏っています。
このカーボン・オフセットを利⽤することで、デコスファイバーのCO₂排出量を相殺し、断熱材業界で初めて「ゼロ・カーボン断熱材」を達成しています。

※カーボン・オフセット…⾃ら(デコスファイバー)の温室効果ガスの排出量を認識し、主体的に削減努⼒を⾏うとともに、削減が困難な部分(CFP値10kg-CO₂e)について、他の場所(例えば熊本県)で実現した排出削減、吸収活動等(例えば県有林オフセット・クレジット)により、その排出量の全部⼜は⼀部を埋め合わせること。

だからデコス 8つの理由

ページTOPへ