高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業

高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業(断熱リノベ)は、住宅における省エネ関連投資を促進することで、エネルギー消費効率の改善を促し、徹底した省エネを推進する観点から、既築住宅の省エネ化に資する高性能建材を用いた住宅の断熱改修を支援する事業です。

デコスファイバーは、「高性能建材による住宅断熱リフォーム支援事業」の補助対象製品です。

公募要領(PDF形式)をよくご確認の上、補助金の交付申請をお願いします。
● デコスファイバーを用いた申請に必要な製品型番情報はこちら[外部サイト]をご覧ください。
 カテゴリー:断熱材を選択。メーカー名:デコスと入力し検索。
 DDCS011CB3 デコスファイバー 吹込み用セルロースファイバー25K
 DDCS021CB3 デコスファイバー 吹込み用セルロースファイバー55K

高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業の概要

環境共創イニシアチブ(SII)が指定する高性能建材の導入を行う者に対して、その費用の一部を補助する。
戸建住宅向け   :一次公募 約1億3000万円
集合住宅(個別)向け:一次公募 約3000万円
集合住宅(全体)向け:一次公募 約70億円
※状況に応じて予算額の増減を行う場合があります。
補助率:補助対象費用の1/3以内
上限額:戸建住宅 1住戸当たり120万円
    集合住宅 1住戸当たり15万円
※補助対象費用の詳細につきましては公募要領をご確認ください。
1. 補助対象製品を用い、「事業要件の詳細」に従った既存住宅の断熱改修を行うこと。
2. 補助事業に係る建物本体(各部位の解体、仮設足場等を含む)の工事は、補助事業の交付決定通知書に記載する交付決定通知日以降に契約・工事着工すること。
3. 完了実績報告書を提出期限内(事業スケジュール参照)に提出すること。
■断熱材について

A)下表1の性能値を満たすこと(重ね貼りも可とする)。

B)熱伝導率(λ値)が0.042以上の断熱材(グレードがD4のもの)は、天井断熱工事に用いる吹込み断熱材のみ対象とする。

C)天井改修においては、改修する居室等に関わらず、屋根の直下の天井、及び外気に接する天井の全てを改修すること。ただし、バルコニー等で改修が困難な部分は改修しなくてもよい(最大15%まで) 。

D)床改修において、改修する居室等に浴室及び玄関等を含む場合でも、土間床は改修しなくてよい。

introduction29_02
例1:デコスファイバーでR値2.2以上を満たす場合、d=0.04×2.2=0.088(m)=88(mm)。
例2:デコスファイバーでR値2.7以上を満たす場合、d=0.04×2.7=0.108(m)=108(mm)。
例3:デコスファイバーでR値5.4以上を満たす場合、d=0.04×5.4=0.216(m)=216(mm)。
1. 申請期間 一次公募 : 2019年5月13日(月)~2019年6月28日(金)
       二次公募 : 2019年7月上旬~2019年8月中旬 (予定)
2. 交付決定 一次公募 : 2019年8月中旬 (予定)
       二次公募 : 2019年9月下旬 (予定)
・高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業ホームページはこちら[外部サイト]をご覧ください。
・申請関係書類の資料はこちら[外部サイト]リンク先の”公募要領・関係書類”をご覧ください。