title-8_01

セルロースファイバーを使用した、安全で高性能な断熱工法です。

断熱材は単に熱を遮るということだけでなく、調湿、吸音、そして製造時のエネルギー消費など様々な視点から語られなくてはならないものになっています。 そうしたすべての面で優れた性能を有しているのがセルロースファイバー断熱材「デコスファイバー」です。
decosfiver-banner

性能×責任施工で効果を最大限に引き出す

そのセルロースファイバーの性能を最大限に引き出す工法がデコスドライ工法。

効果的な断熱施工を行うには断熱材の素材性能の高さはもちろんのこと、施工方法がその性能を十分に生かせるものでなくてはなりません。
デコスドライ工法は、乾式吹き込み工法ですので手の届かない隅部の充填が可能。
認定された施工技術者が隙間なくセルロースファイバーを充填することで、断熱欠損を防ぎ、抜群の断熱・調湿・吸音性を実現します。
shikumi
外壁側に耐力面材、内壁側にデコスシートを施工し、内壁側からセルロースファイバーを隙間無く吹き込んでゆきます。吹き込み後は、内壁側に石膏ボードを貼付けます。
tejyun-1
デコスシート施工
マスクと同じ材質の通気シートを弛みなく張る
tejyun-2
壁断熱
施工密度55kg/㎥
柱の厚みいっぱいにブローイング
tejyun-3
屋根断熱
施工密度55kg/㎡
通気層を確保、屋根垂木や母屋間にブローイング
tejyun-4
天井断熱
施工密度25kg/㎡
天井上に厚み160mm以上で吹きこぼし
tejyun-5
1F床シート施工
経年脱落防止桟木を設置、大引や根太の上下に通気シートを施工
tejyun-6
1F床断熱
施工密度55kg/㎡
大引や根太間にブローイング

だから、デコス8つの理由

デコスドライ工法が選ばれ続ける8つの理由をご覧ください。