そーれはんのう

デコス工場見学☆夏休みスペシャル

2019年8月7日|カテゴリー「そーれはんのう
e17773a09c33141a1a50d761c32a849d
2019年7月30日(火)
「こどもエコクラブ飯能」のみなさんが2回目の工場見学に来てくれました。
こちらは子供の長期休暇中、体験学習などを企画・運営していらっしゃる団体です。
お勤めされている方もそうでない方も、長期休暇中に子供が参加できるイベントはとてもうれしいですよね。今回は飯能市内の様々な小学校から、学年も様々な29名が参加してくれました。

<本日の時間割り>
1時間目 座学
2時間目 工場見学
3時間目 工作(えんぴつ作り)
お弁当・お昼やすみ
4時間目 工作(スライム作り)

盛りだくさんでお届けします!
スライム作りでは日本ボレイト(株)の浅葉社長が登場。衝撃のスライムが期待できそうです!
29fbcbde3de0449cd82fd89a4bfb307a
~座学からの体感シリーズ~
ナットクBOXでさわって体感。
セルロースファイバーが詰めてある方の屋根は、熱が伝わりにくいのでさわっても熱くありません。
49e3f53ce289e6814613dfb57db4bd75
サウンドBOXで聞いて体感。
いつもランドセルに付けている防犯ブザー。そりゃ耳塞いじゃうよね。こんなにちゃんと鳴らしたことないもの。防犯ブザーを鳴らしたままサウンドBOXの穴の中に入れると・・・?

次は工場に移動してみましょう!
a819fc682fd6078e63bf1de048a4f061
工場の中、機械の近くは音が大きいので、入る前に工場長から注意事項の説明があります。

538e4cc7fb17de7b3619837feafc3aea
みんな並んで「安全第一」!
1ff1acd9e26e6b3d3e1ac2c462226d92
作業員さんが見守る中、ひとりずつ新聞紙を投入します。
通常の工場見学では機械に近づけませんが、今日は夏休みスペシャル☆
みんなが入れてくれた新聞紙が製品になって出てくるよ!新聞紙を入れたら、2階の見学コースに登って工場全体を見渡すことができます。材料がタンクの中でぐるぐるしてたり、見たことがない大きな機械がたくさん。
a9e28f14f85bb7e013d886da09d8c2ba
男子はフォークリフトにも興味深々。
重さ1トンの新聞紙のかたまりをラクラク移動するフォークリフト。運転してみたいよね♪(残念ながらフォークリフト体験はできません・・・)

さて、ゆっくり見学していたいところだけど今日も天気が良くて工場の中はとても暑いので次のページ!
f14db54968d0afe70773018e5c37b8c1
途中で、記念写真をぱちり。工場長、お父さんみたいです。
IMG_0288
壁に見立てた施工パネル。
セルロースファイバーの施工具合をさわって体感。コレはなかなか・・・手形もついていい感じ?本物の壁の中にも同じようにセルロースファイバーが詰まっているよ。
b7dc891ccf6fa1e3a67e4d5ce529441b
施工具合を確認したら、ガスバーナーであぶって燃焼実験!
火がついて燃えちゃうんじゃない?
IMG_0294
体感ハウスに入って体感。
工場のすぐ横に設置してある体感ハウス。外気温約35℃。エアコンなし。外と何がどう違うかな?

さて、次はまたセミナールームに戻ります。


834dca8eccd2b60d16f981810298c0f5
3時間目・4時間目は工作の時間。
まずは「デコスえんぴつ」。ひととおり説明を聞いて、さあ作ってみるよ!

そう。この巻きはじめがむずかしい・・・「できなーい!!」の大合唱でした(笑)
925676b393541338bbcb3ed6dcdf3883
ほんとはよ~く乾かすときれいに削れるんですが、そりゃ作ったらすぐ削りたい!だって小学生だもん!
2a23cbe5f8c67f7a346b49f46927e885
低学年の子には少し難しかったけど、とても上手に作ってくれた子も。「デコス」ができた!と喜んでくれていました。「デコス」じゃなくて「デコスえんぴつ」ね。

・・・・・・・。

ん~、もう「デコス」でいっか。
デコスができた!
デコスができた~!
IMG_0324
そして、もしかしたら今日一番楽しみにしてました?の「スライム」作り。
まずは浅葉先生による授業から。ホウ酸、シロアリ、光合成・・・低学年の子にはまだ学校では習っていないお話もありましたが、みんなよ~く聞いています。
スライムの詳しい作り方はネットで調べていただくとして、材料を容器に入れたら・・・
IMG_0330
振る。
IMG_0331
変顔で振る。
ベロ出して振る。
一生けん命振る。

これでもか!と振るとスライムができます(笑)
837de60264ab5fca4d7cea36c98f8388
わーわーわー!

浅葉先生:鼻からたらして「鼻血がとまらない~」とお母さんに言ってはいけません。

まったくそのとおり。
とにかく楽しいデコス工場見学☆夏休みスペシャルでした。

(山中樹里)

里山住宅博 in つくば

2019年7月26日|カテゴリー「そーれはんのう
9688d14def6a334d067577bfcc78bbb0

7月19日(金)、i-works project定例会で里山住宅博 in つくばにおじゃましてきました。写真の物件は、デコスドライ工法採用工務店の柴木材店様のモデルハウス(設計:伊礼 智設計室、温熱シミュレーション:東京大学 前研究室)で意匠と性能の両面で優れた住宅です。この日も全国各地の工務店が視察に訪れていましたのでお話を聞いてみましたが、特にこの物件を褒められていました。デコスドライ工法はこの物件の温熱環境に貢献しております。ぜひ見学にお越しください。詳しくは里山住宅博 in つくば公式HP(https://satoyama-tsukuba.com/)をご覧ください。よろしくお願いします。(デコス石松)

ドイツ・フラウンホーファー建築物理研究所 田中さまをお招きして

2019年6月6日|カテゴリー「そーれはんのう
こんにちは。
関東工場の山中です。
IMG_01671
本日は第20回JCA定例総会記念イベントにて登壇いただく、ドイツ・フラウンホーファー建築物理研究所 田中 絵梨さまに工場見学へお越しいただきました
遠いところ、本当にありがとうございます
(都内からでも小一時間かかりますし…)


弊社は断熱材のメーカーですが、工場見学の際には断熱設計のポイントとして「断熱×気密×防露」のお話をしています。住宅はたくさんの建材から作られ、組み合わせも数えきれません。間取りや地域も違う、同じものが一つもないのが家づくりです。
この建材を使いさえすればオールOK!とはなりません、総合的に考えることが大切ですというお話です。

明日のイベントでは、「WUFI(非定常熱湿気同時移動解析プログラム)から考えるセルロースファイバー断熱材の可能性」を講演していただきます。
その後「これからの断熱材を考える」と題し、パネルディスカッションを行います。

今回は工務店や建築関係の方が対象なのですが、一般の方向けにもこんな機会が提供できたらいいのになと個人的には考えています。ご家族の価値観にあった建材を選んでいただくのが一番なのですが、知らないことには選べませんものね。
(山中樹里)

【(独)住宅金融支援機構】「2019年度における住宅市場動向調査結果」が公開されました!

2019年5月13日|カテゴリー「そーれはんのう
住宅金融支援機構「2019年度における住宅市場動向調査結果」

毎年実施の住宅金融支援機構「2019年度における住宅市場動向調査結果」が公開されました。

これは、住宅事業者、一般消費者、ファイナンシャルプランナーへの住宅市場動向アンケートをまとめたモノです。
住宅金融支援機構「2019年度における住宅市場動向調査結果」

いろいろと質問はあるのですが、毎年注目している質問がコレ。

「住宅事業者の重点的取組事項と一般消費者が重視するポイント」

住宅金融支援機構「2019年度における住宅市場動向調査結果」

住宅事業者、一般消費者ともに「建物の性能」が最も多くなっています。

その「建物の性能」で最も重視するポイントは、住宅事業者が「省エネルギー性」、一般消費者は「高耐久性」でした。

ここ数年この傾向は同じで、家づくりは性能重視の傾向が顕著となっています。

実はこの話、デコス関東工場見学座学のパワーポイント「はじめに」の部分でお伝えしている内容です。

「省エネ性」「耐震性」「高耐久性」「劣化対策」「遮音性」「耐火性」などなど、デコスは建物の性能に大きく関与しています。

このつづきはぜひ工場見学で(田所憲一)

「工場見学募集中!」
 ↓

ゴールデンウィークに向けて!

2019年4月24日|カテゴリー「そーれはんのう
こんにちは。
関東工場で受発注を担当している山中です。

<デコスは、4月27日(土)~5月6日(月)まで休業となります>

今年のGWは長い人で10連休!
私は旅行こそ行きませんが、子供たちの予定に合わせてほぼ毎日、あちこち移動…になります。
1fe1cf8752550c5e1b8c882fb34ec2e3

毎年、連休前後はひとも物も大量に移動するので、輸送枠の確保が心配されるのですが、お客様にご協力いただき早め早めの出荷をしております。
ご協力ありがとうございます!
8b13050a348d83d66a0bf8b0420e7898

快晴の土曜日、2基積みのコンテナ車が一度に2台も入っておりました。
(これ、めったにありません!)
16fd8bff03d1f3640c8a433265277d31

そんな中、JRコンテナに、あるマークを発見。

これは「エコレールマーク」といって、その企業の環境への取り組みを見える化したものです。
消費者と企業が一体となって鉄道貨物輸送による環境負荷低減のための取組を進めるよう促すことを目的としています。

●企業は、環境負荷を認識することで、その低減につなげることができる。
●消費者は、環境性能を認識することで、環境に配慮した購買行動を促すきっかけになる
…というわけです。
be7d9bad66396da16e0d02fac5212e9a

さて、デコスでも「CFP(カーボンフットプリント)マーク」の使用許諾認定を取得しています。
(デコス社員の名刺にもちゃんとありますよ♪)

これも、エコレールマークと似ていて、商品・サービスのライフサイクル全体を通して、どれだけの温室効果ガスが排出されたかをCO2量に換算して「見える化」し分かりやすく表示する仕組みです。

環境に対する消費者の意識もどんどん変わってきていますし、2020年の東京オリンピックでは「SDGs五輪」を掲げています。環境等に配慮することが世界標準になりつつあるのですね。
(山中樹里)


ページTOPへ