INCHEM TOKYO2017

朝晩と、日に日に寒くなってきましたね。そんな中、嬉しいお便りをいただきました。

先日、見学にいらした方からのお礼状でした。

デコスファイバー・デコスドライ工法のことを理解していただき、喜んでいただけたとの

ことが書いてありました。

今日は、心温まるお話でしたhappy01


話しは変わりますが、

先日、東京ビックサイトに行ってきました。

INCHEM TOKYOというイベントが2年に1度開催されているのは、以前から知っていましたが、

なかなか予定が合わず今年初めて行く事が出来ました。
src_355210391
巨大な展示場「ビックサイト」の6ホールも使った会場は、とても広くまた国内外(6ヵ国1地域)から1,100以上の
出店ブースが集結しているとの事で、とても見応えがありました。
アジア最大級・日本雄一の化学プロセス産業用プラントの展示会”プラントショー” は展示内容も充実しており、製造業の
省エネ、省コスト対策など各分野の専門性を高めると ともに幅広い分野の最先端技術を紹介していました。
src_355210401

IMG_3646

関東工場のプラントに於いても「ムリ、ムダ、ムラ」を
取り除くため、常に加工工数の低減を意識して作業研究をしています。

ギルブレスは、作業研究を整理して「動作経済の原則」をまとめました。
「動作経済の原則」とは、「疲労を少なくして有効な仕事量を増やし、効率的に作業をするための経験的原則」です。
「動きを減らす、同時に行う、楽にする」には、
生産プロセスの効率化、柔軟性が必要不可欠です。

用途に応じた付加価値の高い設備を取り入れて生産ラインの効率化、自動化を実現させるには、設備投資は続ける必要があります。


今回の展示会で、最先端技術を活用した最新のノウハウとヒントを得ることができました
(川東史知)